お金を与える側へ回ると返済も早い

借金のある人とお金持ちの人の違いでいえば、外見上でいえば、銀行預金の残高の数字上の違いぐらいしかありません。もちろん、着ている服や持ち物の違いはあるかと思いますが、その人にいくらの借金があるかなんてのは顔に書いているわけではなく、単なる通帳の数字上の違いでしかないわけです。

ただ、心理的には天と地ほどの違いがあります。

例えば、借金のある人にとってみれば、「今月の支払いをどうしよう?」とか、「また、あの人にお金を借りに行くしかないか。でも、この前借りたばかりだから、何かいい口実を考えないと…。」とか、「あれが欲しいけど、今月は我慢するしかないな。」とか、そんな感じなのです。

一方の富裕層の人は、財布には常時10万円~50万円ぐらいが入っているわけですので、ATMに行くのは数か月に1度ぐらいですし、通帳に残高もあるわけですので、毎月の支払いがどうのといちいち頭を悩ますことはありません。あれこれお金で悩むことはなく、すべてのエネルギーと時間を自分の仕事や趣味に費やすことができるわけです。

借金のある人は利息だけではなく、目に見えないエネルギーや時間の面でも大きな利息を払っていることになるわけですので非常に効率が悪いわけです。

また、借金のある人は、借りるということのみに考えが集中しているため、さらに借金を重ねてしまう傾向があります。

ですので、心の部分だけでも、まずは先に豊かになるようにしなければならないわけです。例えば、寄付をしてみるとか、あるいは、誰かに気前よくあげたつもりでお金を貸してあげるとか、心の部分だけでも先に、富裕層と同じ側に立つことが豊かになるための効率的な方法といえるでしょう。

寄付といっても、100円でも1,000円でもしようと思えばできるはずです。そうすることで、お金を借りるというネガティブな思考からのフォーカスがはずれ、徐々に与える側へとポジティブな方向へフォーカスしていくことになります。

もちろん、100円の寄付をしたからといって、現実的に借金の残高が減るわけではないですが、もし、人からお金を借りること、借金することばかりしか最近は考えてないなという場合は、貸す側の立場の豊かな人と同じ考え方に近づけていくことで、現実的にもいつかはお金を貸すだけの財力がついていくことでしょう。