特定調停よりも自己破産が立ち直りがはやい

法的に債務整理をする場合、自己破産だけは免れようと中途半端な返済計画を立てる方もいらっしゃいます。けれども、特定調停で債務を整理する場合でも、どの道は事故履歴がついてしまいますので、実質的には破産とほとんど変わりがありません。

中途半端に返済金額を残して返済していくよりも、その時点での債務の全額を免責してもらい、新しくスタートした方がよほど立ち直りははやいです。といいますのも、法的に処理をする場合、その後の借入はできなくなりますので、手元にある程度の貯金を残しながら生活をしないと厳しくなるからです。

この点、ある程度の返済額を残した状態で調停をしてしまいますと、貯金をできる状態にはありませんので、その後も改善する見込みが薄くなってしまいます。デメリットの部分は破産とそれほど変わりがないのに、メリットの部分があまりない、それが特定調停ということになるわけです。

現実的に考えて特定調停でその後の生活がよくなる見通しが立たない場合、無理をせずに家や車などをすべて処分し、自己破産をしてまっさらな状態から再スタートするのがよいでしょう。「破産だけはしたくない」という考えで調停をしたとしても、立ち直るのに何年も遅れることになり、その後もズルズルと借金を引きずる形になります。

また、債権者には債務の放棄という痛みを強いる以上、債務者の生活が確実に立ち直らなければ国の救済措置としても意味がなくなってしまいます。

破産と特定調停のどちらかに迷った場合、確実に立て直せる方法を選択するようにしましょう。